こんなライターは嫌われてしまいます

ライターにも好かれるライターと嫌われるライターさんが居るのをご存知ですか?ライターにとって自分の好感度は凄く大事な事です。

自分が人に好かれているのか、嫌われているのかをしっかりと把握しておきましょう。基本的に嫌われているライターだったとして、会社において仕事が回ってこなくなるという事はありません。

誰がやっても同じような、外部に募集するような、キャリアアップに繋がらないようなものばかりを普段から押し付けられている人はもしかしたら嫌われている可能性があるので注意しましょう。

仕事の以来の際に小言で文句を言ったり、いちいち『ここはこんな風にしてみたらどうでしょうか?』など意見してくるライターは嫌われてしまいます。

本人はアドバイスのつもりで言っているのかもしれませんが大半がケチをつけられていると思われてしまうので内容に対してあまり口を出すのは避けましょう。

逆に何でもかんでも「はい」と引き受けてくれる人は好かれますが、雑用ばかり押し付けられてしまう可能性があるので、時には、「○○の記事が書きたい」などしっかりと自分の気持ちを伝える機会も作りましょう。普段何も言わない人がたまに意見を言うとインパクトがあるものです。

フリーランスで仕事をされている場合、嫌われてしまうと仕事がもらえなくなるのでその辺は気をつけましょう。仕事がもらえなくなるという事はライターにとってお終いという事です。

ライターは実力だけでなく人間関係が一番大事だと言えますね。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation