トラブルに気を付けよう

 最近、ネット上で在宅のウェブライターを募集する案件が増加していますそのため、出版業界のライターよりも比較的容易に仕事を得ることができますが、それに比例するようにして、在宅の仕事に関するトラブルも増えているといいます。

 特に多いのが、報酬の未払いですテストライティングと称していくつも記事を提出させた上で不採用とし、後日その際提出した記事が勝手にネット上に公開されていた、などということは比較的よくあることですあるいは、報酬の支払い日になっていきなりクライアントと連絡がとれなくなる、といったことも実際にあるといいます募集主が企業でなく、個人名の場合は特に注意したほうがいいでしょう。

 ほかには、ライティングの仕事の紹介料だけを支払わせ、実際には全く仕事がなかったという話も聞きます全く名前も知らない会社からそのような旨のメールが来た場合は、連絡先を教えたり、返信したりしないことをおすすめします。

 ネットを通しての仕事の場合、実際にその会社があるのか、どこのだれがやっているのか、ということを確認できないことも少なくありません。

信頼できる仕事の紹介先を見つけることが先決です。

また、そういったリスクがある、ということは事前に把握しておきましょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation