フリーライターが仕事に行き詰った時はどうしているの?スランプ解決策の一例

文章が思いつかない、考え方がまとまらない、そんなときは思い切って外に出てみるのも1つの手。

フリーライターには気分転換をすることも求められます。

一日中家にこもって文章を書いても窮屈な文章しか生まれません。これはデザイナー経験もあるフリーライターの方の経験談ですが、アイディアが浮かばないときは喫茶店に行くと考えがまとまるようです。リラックスした状態の方が、意外と良い作品が生まれるということでしょうか。

これはフリーライターにしても同じ。適度な気分転換は良い文章を生み出す1つの方法です。

よくある例としてはコーヒーを飲む、少し散歩する、自分と反対の考え方をする人の文章を読むと言ったものがあります。

これは有名な作家でも実践している方が多い方法です。

あなたもフリーライターとして活動していて「考えがまとまらない」と悩んでいるときはぜひ気分転換をしてみてはいかがでしょうか?

パソコンの前に立っているよりも仕事がスムーズに進むかもしれませんよ。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation