フリーライターが書いた原稿が修正されることってある?その理由を考えると良い物書きになれる

フリーライターが書いた文章がそのまま雑誌やWEBに掲載されることは少ないです。

「自分では良い文章を書いたはずなのにどうして?」と思うこともあるはず。

しかし、1人のフリーライターが書いた文章を、その媒体の体裁に合わせて、読みやすいように編集する編集者の存在は非常に大きいものです。

最初のうちは「自分が書いたものと違う」と思うこともあるかもしれませんが、他人の目に自分の文章がどのように映るか、考えながら読み返すとスキルアップにつながると言えるでしょう。

もっとも大切なことは文章を書くときはしっかりと下調べをして、自分の個性を表現しつつ正しい情報を書くこと。

文章力は後から付いてきます。

編集者から修正を受けることも多々あるでしょう。しかし、そこで腐らずに「何がいけなかったのか?」前向きに考えられる人がフリーライターとして素質がある人なのではないでしょうか?まずは、奢らず、謙虚に文章を書き続けることが大切です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation