フリーライターが記事を書くときに求められるあるスキルとは?

文章を書くときに最も大切なことは「どういう年齢や環境の人が」「どういう目的で」「何のために読むのか」を考えることです。

これを知っているフリーライターはピンポイントで記事を書き上げる力がありますし、クライアントから喜ばれます。

理解力があってクライアントから喜ばれるフリーライターとは非常に魅力的な存在。大まかな流れを説明して仕事を発注すれば方向性を失うことなく記事が入稿されるので、その分編集者の負担も少なくなります。

負担が少なくなるということは安心して沢山の仕事を発注しやすいということ。つまり、雑誌の限られたページを書くために何人かのフリーライターがいる場合、負担を掛けないライターには仕事を任せたくなるのが編集者側の心理であると言えます。

つまり「その記事をどのような媒体のために書くか」を考えて文章を書くクセをつけましょう。

最初のうちは難しいかもしれませんが、次第に文章の意図する目的が分かってきます。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation