フリーライターだけで食べていくには?自己分析の方法

フリーライターに限らず、若いクリエイティブな自営業者は「自分の作品の質が高くなれば売れる」という考えを持っている傾向があります。

あなたはどうでしょうか?このような、作品ありきの考え方をしていませんか?

実はフリーライターにおいて大切なことは「自分のスキルが何に役立つか」ということです。

例えば、雑誌のライターであれば記事の専門性が問われます。

その雑誌のジャンルについて幅広く、しかし、専門的な知識を持っていないと、フリーライターは務まりません。

また、セールスライティングや商業広告を得意とするライターも存在します。

これにはコピーライターとしての資質も問われてくるケースもあります。

短いキャッチコピーでも、ロングコピーでも、商品をどうやって売るか、商品の魅力を見つける力が問われてきます。

フリーライターとして自分がどのような適性を持っているのか、徹底的に自己分析すること。

これが優れたライターとして生きるためには求められているのです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation