フリーライターってうけど、ほんとにフリーなのですか?

フリーライターは確かに自由な側面が多いです。ですがフリーライターとして”お金を稼ごうとする”と、とたんに拘束される時間が多くなります。

また、だいたいは読み手に合わせた内容のものを書くことになるので、自分の考えに合わない文章を書かねばならないということもあるでしょう。

継続して仕事をもらっているクライアントから短納期の案件や、自分の不得意分野の案件をどうしてもと言って頼まれることもあります。

十分な収入のある大御所であったり、収入を気にせず、適当にやるスタンスの方ならば断ることも簡単ですが、ライターとしてより高いところを目指し、継続した収入を得ようとするならば、こういう依頼は可能な限り受けていった方がいいのです。

そうなるとなかなか自由というわけにはいきません。

仕事の打ち合わせは平日の昼間に行われることがほとんどです。

そんなこともあって、もしあなたがフリーライターを目指そうとするなら、あまり自由な環境に期待しない方がいいと思います。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation