フリーライターとして、まず基礎の基礎はきちんと身に付けておきましょう

フリーライターとして目指すとき、文章を書く際に注意すべき点はいくつかあります。

文章を書く上で気をつけるポイントの一つに「文章内の表現などの統一」ということがあります。

これはプロのフリーライターとして働こうとする上で、最低限の常識である基礎技術です。

仕事をしていく上で、まず身に付けておきたい、身に付けるべき文章を教わる以前の問題となってきます。

もし、今後プロのライターとして働こうとするのならば、先輩達の助手として仕事をする段階には、すでに身に付けておくべき初歩的なことです。

しかし、それさえも出来ない人が最近では多いのです。

その一つには、新人ライターに、雑誌等の編集者が執筆における常識を教えていたものの、最近はそのようなことをすることはなくなってきてしまったことが挙げられます。

さらに、いきなり本番の仕事を納める「SOHO]の時代になってきた近年では、そんな基礎すら身に付けることなく自らを「ライター」と名乗っている人が増えてきてしまっているのが現状です。

もし、あなたが何かの分野に特化していて、あなたにしかかけないようなテーマがあれば、このような基礎の基礎は、編集者の方でやってくれるかもしれませんが、そこで甘えがあれば、いつかは仕事をもらえなくなってしまうかもしれません。

必ず身に付けるべき最低限の常識である基礎技術は、身に付けるのが、プロとしての仕事になるのではないでしょうか。

自らの書いた文章内の表現は統一されているかどうか。

少なくとも自分が書いた文章を読み、きちんと出来ているかどうかは確認をするべきだとおもいます。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation