フリーライターとして、データでのやり取りの気をつけるべきいくつかのポイントとは

フリーライターとして、編集者に納品する場合などをはじめ、データでのやりとりにはテキストファイルが基本になります。

しかし、そのシンプルな機能の為もあり、文字に色を付けるような見た目の加工を行なう機能はほとんど有りません。

そんなテキストファイルを使わなくても、もちろん、Microsoft Wordでも、テキストファイル形式で保存することは可能です。

しかしテキストファイルを利用するのに慣れていない場合、Microsoft Wordで書くと、知らない間にテキストファイルで利用できないMicrosoft Word独自の機能を使ってしまうこともあります。

Microsoft Word独自の機能を使って保存をしてしまった場合、いざテキストファイルで開こうとすると、書いていたときのイメージと異なっていたということも、起こったります。

それ以外に、多くのテキストエディタ(コンピュータで文字情報、つまりテキストのみのファイルのことです)では、改行コードの変更が可能になっています。

したがって、もし自分がMacのユーザーでWindowsを使っている編集者に原稿を送る場合、またはその逆の場合には、改行コードを相手の環境に合わせて送れば、とても親切です。

データでのやり取りの場合注意したいことは、皆同じ環境でパソコンなどを利用しているわけではない、という当たり前のことを認識するべきです。

これは、フリーライターとして働こうとしていても、またSOHOなどの電子データを扱う仕事をしようとしたとしても変わりません。

これは必然的に起こることですので、それは忘れてはいけません。

もし自分がSOHOを利用するようになって、受注側や、発注側として仕事をしようとした場合にも、忘れてはならないポイントでもあります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation