フリーライターとして、企画無しで売り込むという方法もあります

フリーライターとして企画を売り込む際には、売れる企画であること、完全に書きあがった原稿ではないこと、タイトルをしっかりと考える、ということなどがあります。

それ以外には、企画無しでの売り込みという方法もあります。

フリーライターとして働こうとする場合、上手くいけば交流会や人の紹介などによって、編集者と会えるような恵まれた機会があるかもしれません。

そんなときに有るといいのは、「さっと渡せる売り込み資料」です。

それを作っておけば、そのチャンスをものに出来る場合もあるわけです。

この場合のポイントは、どんなジャンル、どんな切り口が得意か、どんなセンスを持っているのか、それらをPRするように書いておきましょう。

この場合もそうですが、フリーライターの場合において、その書き方自体で自分の腕がチェックされる為、誤字脱字がないように、文体もよく練ることが大切です。

企画を持ち込んだ場合には、いつまでに返事をもらえるのかを聞いておきましょう。

タイムリーなネタの場合には、こちらから期限を指定するのもいいと思います。

その期限が過ぎたら、その出版社はあきらめ、他の出版社へ持ち込みましょう。

場合によっては、フリーライターとして売り込んでも、すぐに仕事がもらえない場合もあります。

しかしそのままあきらめるのはもったいないです。

年賀状や暑中見舞などでの近況報告など、2度、3度と連絡を取ることで、仕事につながる場合も少なくありません。

場合によっては、名刺交換をしてから、数年後に連載記事の仕事を得る可能性もあるのです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation