フリーライターとして、文章力を身に付け、慣れてきたらインタビューにも挑戦しましょう

フリーライターとして、文章力を上げる為に書くことが、まず初めの関門になります。

それになれてきたら、今度はインタビューにも挑戦していくと良いでしょう。

その理由の一つとして、需要があるということです。

必ずでは有りませんが、フリーライターとしてキャリアを積むために仕事につこうとした場合、初めに行う仕事がインタビューの書き起こしになる可能性が高いからです。

それになれてくると、次は自分がインタビューをする側に回るようになっていくと思います。

インタビューの書き起こしは、すぐに出来ないことも多いでしょう。

これもやはり慣れが必要になってきます。

文章力を上げる為にたくさん書いていたのと同様、インタビューも数をこなすことが大切です。

しかし、いきなり知らない人にインタビューというのも緊張するでしょう。

まず練習として、知人のインタビューから始めると、やりやすいと思います。

ただし、それは仕事ですので、お互いそれを頭に入れた上で行わないと、意味がありません。

それになれてきたら、月に2本くらいを目安に、知人ではなく、一般の方へ自主インタビューを実施して、力をつけていくといいと思います。

ただし、インタビューの書き起こしの際、注意しなくてはならないことは、決して自分勝手に内容や答えを変えてはいけない、ということです。

これは当然のことですが、もしインタビューの回答を勝手に変えてしまったらどうなってしまうでしょうか。

そのインタビューをした先方が怒るのは当然です。

私情を交えず、ありのままに。それがインタビューにとって必要なことです。

インタビューの練習のときから、必ず「仕事である」ということを忘れずに行うことです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation