フリーライターとはどのような仕事を行っている人のことを言うのでしょう

フリーライターという言葉を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

そして「フリー」という言葉に惹かれた方もいらっしゃるかもしれません。

ではそもそも、フリーライターとはどのような仕事なのでしょうか。

フリーランスの内の文章を書く著作家の方をフリーライターとよびます。

フリーライターは特定の出版社などには席を置くことなく、個別の契約を行い原稿を書き対価を得ます。

それを生業にしている人の事をフリーライターとよびます。

一口にフリーライターといっても、その仕事は多岐にわたっています。

いくつかあげますと、書籍を初め、雑誌の記事や会社案内のパンフレット、機会のマニュアル、メールマガジン、最近ではウェブによる記事等もあります。

このようにあらゆる分野にわたっています。

また、日本で言われるライターの仕事はノンフィクションであることが一般的になります。

逆にフィクションを書くような人は、小説家や作家と名乗っていることの方が多いと思います。

また、これらに近いものではありますが、広告文を考えるような人は「コピーライター」とよばれています。

通常、ライターとしての仕事は、最終的には文章での納品になりますが、そのほかにも雑誌記事や書籍の企画を初め、ネタ集めや資料提供なども仕事の一部となっています。

つまり、文章を書きたいだけではライターになれません。

もちろん文章力は必要ですが、それ以上に求められるのは、情報収集等を行うためのフットワークの良さがポイントになることが多いようです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation