フリーライターにとって、職業病ともいえる腰痛予防の二つ目の方法とは

フリーライターをはじめ、長時間のデスクワークを行なう職業の方にとって、腰痛というのは職業病とも言えるかと思います。

それを予防する方法の一つ目として、動作に注意するべきだということをお伝えしました。

それ以外に、二つ目のポイントとして、姿勢があります。特にコンピューターを利用するような場合、椅子に浅く腰掛けてしまうこともあります。

この姿勢は悪い姿勢となりますので、腰に大きな負担をかけ、腰痛や、ぎっくり腰の要因になります。

腰痛の原因は、「悪い姿勢」「長時間、同じ姿勢」でいることです。

では、どのような姿勢がいいのでしょうか。

まずは姿勢を良くすることが大切です。

良い姿勢というのは、まず経っている場合は、背中と膝ををピンと伸ばし、あごを引いて方が前に入り込まないように気をつけ、真横に開くようにします。

横から見たときに、耳・肩・股関節が一直線上にあることが、理想的な立ち方になります。

続いて座っているときは、椅子に深めに腰掛け、椅子の背もたれ部分に背中から腰にかけてピッタリとつくようにすると、腰にかか負担を軽くすることが出来ます。

この様に座ると、脊髄の自然なS字のカーブを保つことが出来ます。

しかし、良い姿勢であっても、長時間同じ姿勢ですと、これもまた負担になってしまいます。

30分に一度、背伸びをしたり、軽くストレッチをしたりして、姿勢を変えるようにしましょう。

その他にも、腰を支える筋肉を鍛えることも、腰痛予防になります。

最も効果的で簡単に行なえる方法は「ウォーキング」です。

適度に運動することで、体重を減らすことは、腰への負担を軽減することにもなります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation