フリーライターにとって、自分が最も仕事をしやすいスタイルを見つけることは大切です

フリーライターと会社員の違いの一つに、「仕事環境」というものがあります。

フリーライターといっても、その仕事環境は人それぞれ好みと、働きやすいスタイルがあります。

大きく分けて4つあり「自宅で仕事をする」「誰かのオフィスを間借りする」「オフィスを買う、または借りる」「ノマドスタイルで働く」と、分けられます。

そしてそれらには一長一短があるとお伝えしました。

その中で「ノマドスタイルで働く」というのが、最近多いように思われます。

しかし自由に見えるこの働き方ですが、そこにもデメリットが存在します。

例えば公衆無線LANスポットだけを利用しているような、モバイルルーターを持っていない場合には、毎回無線LAN環境がある「場所探し」が必要になってしまいますし、行きつけのカフェも、必ずしも空席があるとも限りません。

また、そのような場所は大勢の人が出入りしますので、作業しているパソコン場面から情報を見られてしまう可能性もあります。

そのため、パソコンにセキュリティ対策も必要になってくるでしょう。

また、中にはパソコンを席に置いたまま、席を立つ人の姿もありますが、非常に危険な行為です。

これらのようにいくつもの仕事環境がありますが、それぞれ好みもありますし、仕事の内容によって、向き不向きの方法があります。

フリーライターや、ノマドで働き始めたばかりの人の中には、「働き方に慣れなくて、なかなか仕事が進まない」という方も多いようです。

フリーランスにとってそれは死活問題です。

どれが正しいということはありませんが、その中で自分にとって最良のスタイルを見つけ、それを作り上げることが必要になります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation