フリーライターに納期が重要視される理由は?余裕を持った納品が好まれる

フリーライターとは納得できるまで文章を推敲するクリエイティブな職業です。

しかし、ある部分では世間の誰が見ても納得できる記事を生産して、納品するという商業的な側面も持ち合わせています。

基本的に記事を発注する側はその人の力量や得意・不得意に応じて仕事を発注するわけですから、その仕事がいつまでに終わるか、どの程度のレベルなのかという部分は大前提にあります。もちろん、編集者が最終的なチェック・校正を行うわけですからそれも含めての納期やクオリティを求められることになるのですが、余裕を持って納得できるものを書かなければ迷惑を掛けることもあります。

「自分は文章力が高いから大丈夫」と過信する時期もあるかもしれません。しかし、必ず校正作業はあるのです。

これは、特に若いライターであればなおさらです。

文章力の高さを過信して納期ギリギリに納品すると自分で行った校正や推敲が甘く思わぬトラブルが発生してしまうことも考えられます。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation