フリーライターの、仕事環境の種類とは、どのようなものがあるでしょうか

フリーライターと会社員の違いの一つに、「仕事環境」というものがあります。

これは会社員であれば「毎朝同じ時間に会社へ出勤し、そこで仕事を行う」というものですが、フリーライターには、仕事場と言うものはありません。

仕事場はいくつかから選び「仕事環境を作る」必要があります。

自宅で仕事をする、誰かのオフィスを間借りする、オフィスを借りるまたは買う、ノマドスタイルで働く。以上の4つが上げられます。

これらにはそれぞれ一長一短があります。まず「自宅で仕事をする」というもの。

これは当然のことながら、テレビや漫画などのような誘惑が非常に多く、仕事に集中することが出来ない人もいるかもしれません。

また「誰かのオフィスを間借りする」ということになれば、場合によっては同居者とトラブルが起きるようなこともあるかもしれません。

「オフィスを借りたり買う」ということには、そのためのお金がまた必要になってきます。

最近増えてきているのが、「ノマドスタイル」かも知れません。

一人暮らしのような方の中には、自宅があまり広くないという理由で、この方法を取る方も多いようです。

今ではノートパソコンという便利なものもあり、それを片手にカフェへ行って、コーヒーなどを飲みながら仕事をするという、誰でも一度は見かけたことのあるような光景の仕事のスタイルもあります。

上記のようにそれぞれ一長一短があります。その他にも注意しなければならない点も有ります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation