フリーライターのためのステップアップとは?

フリーライターとして働いていると、仕事はピンからキリまであります。駆け出しの頃は単価の安い仕事を多く請け負って、量を書くことを重視していくとよいでしょう。

代わりに単価の安い仕事は1記事に、時間をかけてはいられません。スピードを重視して書いていくことが必要になります。

駆け出しの頃はともかく量をこなしていくことが重要なので、毎日膨大な量のライティングをすることになります。

少なくとも1日あたり、50記事以上を書いていくようになるでしょう。集中しすぎると、長く書き続けていくことができないので、

程よい力で書いていくとよいでしょう。

量をこなしていくうちに徐々に質もあがってきます。

自分のライティングの問題点も見えてくるので、上手な人の文章と自分の文章の差を見つけて、その差を練習で埋めていく時期です。

ライターとしてのテクニックは書いていくことで磨かれていきます。毎日のライティングで少しずつ成長できるよう、量をこなしていきましょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation