フリーライターのための保険とは?

フリーライターは社会保険をすべて自費でまかなわなければいけません。公的年金・健康保険料などは100%自己負担です。

そのため、がん保険や入院保険などの民間保険は金銭的な面から、加入を怠りがちです。

さらに、2日~3日の徹夜はしょっ中であるため、慢性的な体調不調を抱えています。

その割には時間との闘いが常であるため、医者に受診する時間を惜しんでしまう人が多いのです。

しかし、実際にライターが医者にかかる時は、病状が深刻化してしまっているケースがほとんどです。筆者もそのひとりでした。

「腰痛、肩こり、慢性疲労」と誰もが抱える症状なので、たいしたことないと軽く考えて、医師への受診をしませんでした。

しかし、自宅で突然、意識不明の重体に陥ってしまったのです。

結果、特定疾患とよばれる難病にかかっていることがわかったのです。

入院保険に入っていなかったので、治療費で家計が圧迫されてしまいました。

いつ何時、病気や事故は降りかかるかわかりません。会社等からの補償がないフリーランスの立場だからこそ、備えをしっかりしておきましょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation