フリーライターの仕事に売り込みというのがあるが、なんなのか?

売り込みとは、まとめてしまえば、たくさんの記事の中から、自分の記事を出版社に使ってもらうためにする事、というところです。

出版社に記事を持って行って、自分の記事を採用してもらおうという人は本当に多いようです。

その中で、いかに自分の記事を使ってもらえるかが、フリーライターにとって重要かもしれませんね。

たくさんの人がいるというのですから、まず顔や名前を覚えてもらうのも大変でしょう。

それから、顔や名前を覚えてもらえたら、どんな記事を書くことができるか・どんなテーマでやりたいかなども知ってもらえれば、出版社側も仕事を渡しやすいですよね。

出版社やそれに関係するところに通ずるネットワークを全く持っていないという人がライターを始めるのは、とても険しいかもしれません。

しかし、もちろん簡単な事ではありませんが、こういった風に自分なりに売り込み方法を工夫していけば、それ次第でフリーライターとして仕事をしていきやすい環境ができるでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation