フリーライターの入稿原稿は、「テキストファイル」で納品するのが基本です

フリーライターとしてだけではなく、インターネットを介してファイルの形での仕事を納品するような仕事をする際に、気をつけるべき点があります。

それは「テキストファイルを利用する」ということです。

入稿する際の原稿がテキストファイルが基本とされている理由としては、どんな環境の相手であっても利用できるだけでなく、余計な情報が入っていない、ということも挙げられます。

最近のWindowsパソコンでは「Microsoft Word」が入っている場合が多いということもあり、文章を書く時に当然のように利用する方も多いようですが、同じソフトを利用していても、バージョンの違いによって開かない場合もありますし、相手が同じソフトを持っていなければ、見ることが出来ません。

したがって、初めての相手に履歴書などの文章を送る際には、メールの本文に書くか、文章が多い場合には、相手の了承を得た上で、テキストファイルを添付して送るようにしましょう。

始めてやり取りをする相手に「Microsoft Word」のような形式ファイルを送るというのは、相手から指定された場合に限って、と考えておくといいと思います。

テキストファイルで納品することの理由は上記以外もあります。

それは書籍や雑誌、その他にもWebサイト用の原稿は、書いた後に編集者が漢字の送りなどを統一したり、デザイナーがDTPソフトなどでレイアウトするなどの手を加えます。

そのため、フリーライターが勝手に指定したフォントや文字の大きさなどは、加工者にとっては余計であり、邪魔な情報です。

このような指定情報をいちいち削除しなくてはならない手間が増える為、非常に嫌がられることとなります。

このようなデータのやり取りの知識とノウハウに関して、きちんと身に付けておくべきことでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation