フリーライターの悩みの一つに、住宅ローンなどの審査、というものがあります

フリーライターとして働くという自由を求め独立する人も多いでしょう。

しかし、その自由に働いていて、収入が安定していないということが、社会的信用を低いものにしてしまっています。

そのため、相手として大企業を選ぼうとしても、「個人としての契約は出来ない」と断られてしまうことも多く、法人化してしまったほうがいいという考え方もあるようです。

また前述のように仕事に関してだけではなく、多くの悩みも付いてきてしまったりします。

もし今から家庭を持とうと思っていたり、家を買おうと思っているのであれば、考えなければならないことがあります。

フリーライターとして働いている以上、住宅ローンなどがなかなか組むことが出来ません。

ローンには必ず審査が行われます。その審査の内容には、会社員であればその就職先の財務状況や勤務年数などを基準に「貸す金額」が決定されるのです。

しかし、フリーランスライターの場合、自分自身が対象になるということです。

フリーライターなどになって1~3年は、まず間違いなく相手にされることはないと、考えていたほうがいいでしょう。

また、数年経っていたとしても、大きく収入を得ていなければいけません。

フリーランスの場合は、確定申告の内容が、審査基準になります。

「貸せる金額=収入×何%」という計算基準があると同時に、「貸す」対象になるためにも、収入のラインが決まっているのです。

これは不動産屋などに聞いた話になりますので、確かでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation