フリーライターの楽しさとは?本当に続けられる職業?

フリーライターという職業には様々なやりがい、楽しさがあります。自分が考えて書いた記事が、雑誌やサイトの記事として載るとき。

その時の喜びは格別だと思います。

文字を打つこと自体が好きという人には記事を書くという作業も楽しいでしょう。

しかし、仕事ですから好きな文章を自由に書くのではなく、同時に記事の内容も考えなければいけません。

ただ文字を打つだけでは仕事にはならないのです。これはデータ入力に過ぎません。

他人にとって読みやすい文を考える、専門的な知識をわかりやすく書く。その2つに慣れてこないと楽しいと実感できないと思います。

自分の趣味に関して書けるようになると、自分の得意分野ゆえ、ポンポンとアイデアが浮かび上がるでしょうし、何よりも楽しいでしょう。

しかし、いくら楽しい仕事でも、高齢になってからでもフリーライターとして活躍し、残れる人は限られているようです。

よほどの自身やコネクションがない限り、まずは副業としてやるのが正解でしょう。

楽しく仕事をしながら生計を立てられるようにするには、多大なセンス、才能、努力、人生経験が必要なのです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation