フリーライターの職業病ともいえる腰痛、予防方法の一つ目とは

フリーライターだけでは有りませんが、長時間のデスクワークをしている職業の方にとって、職業病とも言えるのが、腰痛ではないかと思います。

よく聞く話では、ライター仲間が集まると、ぎっくり腰をはじめ、腰椎椎間板ヘルニアになってしまったというような、体験談が交わされることも多いようです。

それと同時に、腰痛予防にどのような椅子が良いのか、どんな体操が良いのか、というような会話も有ります。

腰痛の原因はいくつかあり、内蔵の病気が原因の場合もあります。

しかし、一般的な原因は、姿勢や動作などによって腰へ負担をかけてしまうためです。

まず一つ目の要因である動作ですが、気をつけるべきポイントはいくつかあります。

まず、腰を曲げる、という姿勢は腰にとってよくないのです。

さらにその状態で力の必要な作業をすることは、ぎっくり腰にするための動作といってもおかしくないほどです。

気をつけたいのは床のものを取るときです。

ひざを伸ばして腰をかがめ、床のものを取るのは、非常に危険です。

さらに床のものが軽くても、いきなり体を起こすこともよくありません。

重いものは危険、軽いものは大丈夫、と考えてはいけません。

これは重さは関係ないのです。

そして年齢も関係ないことを注意しましょう。

ぎっくり腰になりたくないのであれば、必ず膝や股関節部分をしっかり曲げ、出来るだけ腰をかがめないようにしましょう。

その他にも、腰をひねったままの姿勢で行なう動作もやめましょう。

これもまた、ぎっくり腰の元になります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation