フリーライターはどういう記事を書けばいいの?好きなことだけ書いて暮らせるの?

フリーライターになっている人のほとんどは、前に専門的な職業をやっていた人が多いようです。その一つは新聞や雑誌の記者が独立したケースが当てはまります。

記者は執筆業。自分で営業やディレクションをする機会が増えるなど、少し業務内容が違うとしても、同じような分野の経験者となるとやりやすいです。

また、特定の分野に詳しい人、例えば海外旅行や政治事情に詳しいとか、スポーツに詳しいとか、趣味の延長線上からフリーライターになったという人もいます。

これからフリーライターを目指す方は表現方法や専門知識など、仕事としての執筆と考えると難しい点が多いです。得意ジャンルではない場合もあるでしょう。

キーワードに沿った仕事をどこまで広げられるのかという問題がありますよね。調べ方について学ぶ必要もあるでしょう。

まずは自分の趣味を磨いたり、常に好奇心のアンテナを張っていたりと、専門的な分野を積極的に学ぶ姿勢を忘れないことが大切です。

本業としてフリーライターをやる人は収入の安定化を考えることが大切ですから、得意ジャンル以外の記事でも書けるようにすると強いです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation