フリーライターはどのように仕事を貰うのか?

フリーライターというものは、名刺を作り、今日から自分はフリーライターだ!と宣言してしまえば、その瞬間からフリーライターをしている、という事にはなりますがそれだけでは仕事を募集しても依頼なんて来ません。

ではフリーランスで活躍している方々はどのようにして仕事を受注しているのでしょうか?この 業界は横の繋がりがものを言う場合が多く、知らないライターに仕事を依頼をするという事はあまりありません。

ライターとして一番安定して収入を得る方法は雑誌や新聞の定期記事の仕事を引き受ける事です。

雑誌などは基本的に毎週発売されるものなので、毎週締め切りに追われることになりますが、原稿料の方も高いのでこれだけで食べていける。という事もあります。

なによりもその記事が続く限りは仕事を失わないので、ライターにとって定期記事の仕事があるかないかって言うのは大きな問題なのです。

出版社にとってもそんな大きな仕事を適当なライターに任せるわけにはいかないので、編集者の方は知り合いのライターさんや、知り合いに紹介されたライターさんに仕事を依頼することになります。

つまり、顔が広ければ広いほど仕事を貰うことが出来るんです。

この業界がコネが必要だと言われている事、そしていきなりフリーランスでやっていくのは難しいと言われている事はこういった背景があるという事を覚えておきましょう。

フリーライターは殆どが業界出身者なので、それなりのコネを作ってから独立している人ばかりです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation