フリーライターやSOHOで電子データのやり取りをする場合、知識が必要です

フリーライターとして、覚えておきたい知識も多くあります。

その中にデータでのやりとりで、注意すべき事柄や、知っておきたい基本などが有ります。

すでにお伝えしたことのほかにもまだ多くのポイントがあります。

まず、電子データでのやり取りに関する知識は、様々なシーンで必要になってきます。

これは仕事の受注側だからこそ、知っておかなければならないことも多いのです。

例えば、相手からデータを受け取るときも、出来上がった仕事のデータを納品するときも、必要な知識もあります。

仕事を受けた側として、発注側に対して「こちらの環境に合わせてください」とはいえません。

つまり、仕事を受注する側がしっかりと知識を持って、仕事を受け取った場合には、それを自分が利用できる形に変換したり、データを納品する際には、相手が利用できるように、変換する必要があるかもしれません。

必ずしも自分がすべて出来るとは限らず、相手に依頼しなければならない場合も有ります。

もしそのような場合であっても、相手に頼むのは最低限にとどめるようにしましょう。

また、相手がパソコンの初心者であることもあります。

その場合には、相手が分かるように、丁寧に説明できなければいけません。

SOHO等を利用する場合、仕事が欲しい場合には、その仕事をするうえで必要な知識は自分で得なければいけません。

通常の会社員であれば、分からないことがあっても先輩から教わることも出来るでしょう。

SOHOなどの場合とは違うことがお分かりかと思います。

特にSOHOなどの場合には発注側よりも優れているからこそ、仕事をもらえるものです。

SOHOだけでなく、フリーライターにも同じことが言えますが、最低限必要な知識がなければ仕事を得ることも出来ません。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation