フリーライターを目指すには、最低限必要なものというのは

では実際に、フリーライターとして食べていけるように、仕事をもらえるようにするには、どのように努力したらいいのでしょうか。

「ライターになりたいんだけど」と、知り合いの編集者にでも相談したとしましょう。

そのとき返ってくる言葉はおそらく「何が出来るの?」というものでしょう。

それに対してどのように答えるでしょうか。

もしその問いに「何でも書くから使ってほしい」としかいえないのであれば、素人としての典型的な間違いです。

本人はとにかくやる気を示したいのでしょうが、そのように受け止めるような編集者はまずいないでしょう。

逆に、もしあなたが編集者だとしたら、なぜライターに原稿を依頼するのでしょうか。

忙しくてとても手が回らない、ということもあるかも知れませんが、ほとんどの場合、「自分よりも知識のある人の助けが欲しいから」です。

編集者は、自分の担当の知識は人並み以上にあります。

それ以上に知識がある人を求めているということです。

もし冒頭のような「何でも書きます」という人が、本当にどんなものでも、芸能をはじめ、アマゾン奥地にする少数民族のことについてまで、何でも詳しいという人も、居る可能性はあるかもしれません。

しかし、そんな人が通常いるとは思えません。

だからこそ、編集者としては、得意分野を持つライターを抱えておいて、そのときの企画に合わせて仕事を依頼するわけです。

まずフリーライターとして仕事を持つためには、「得意分野が明確にあること」それが、最低限の条件になります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation