ライターとしての引き出しを増やす方法

ライターをやる以上、文書能力は絶対に欠かすことの出来ない能力です。文章の書き方などは分かっていない人はライターとして採用される事はありません。

フリーとして仕事を募集される際も、初めての方なら適性審査のような形で一つ記事を作成する事が多いです。

なので、ライ ターとして言葉の引出しを増やす必要があります。基本的にそう言った言葉の引き出しというものは本を読む事で培われます。

もし、本を読むのが苦手だという方は漫画などからでも良いので本を読むようにしましょう。

そしてそれと同じくらいライターが書いたと思われる記事も見るようにしましょう。例えば新聞の記事などはベテランの方が書いている場合が多いので参考に出来る部分は沢山ありますね。

文章の書き方は、誰に教わるものでもないですし、人それぞれ書き方が違うので他人にアドバイスを貰っても今一ピンと来ない事が多いです。

なので、自分で書き、そして自分で問題を解決していかなければなりません。言葉の引き出しを増やすといってもただ難しい言葉を並べるだけではいけません。

誰に読んでもらうのか?そういった事を考えて文章を作らないと、受け手によっては訳が分からないものになります。

例えば、ティーン向け雑誌の記事を書く仕事なのに、難しい小説に出てくるような言葉を乱用するなんて言うのはNGです。

誰でも分かるような言葉で読みやすい文章を作るようにしなければなりませんね。

色々な引出しを持つ人が名ライターと呼ばれる人なんですね。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation