ライターとしての自分の特色を出しましょう。

ライターとして売れるためには他の人と同じような記事を書いていても意味がありません。この人の記事は説得力があって受け入れやすい。

いろいろなところからたとえ話をもってくるので分かり易い。読者視点で噛み砕いてくれる。など書き方はありますが自分のセールスポイントを多少は持つと良いでしょう。

また、記事だけでなく、営業などにも言えることです。他の人と同じように取引をしていては何の印象にも残りません。

ライターは自分を売り込む仕事です。覚えてもらえるようにしっかりと良い印象を植付けられるようにしましょう。出版社などに所属していれば仕事に困りませんがフリーランスでされる場合は自分で仕事を募集しなければなりません。

募集するだけではなくどんどん自分から営業をかけていく必要があります。自分を売り込む時に、他のライターには無い特別な能力があると覚えてもらいやすいです。

もし、そういったものが特に見つからないと悩んでいる方は何か一つの分野についてとことんマニアになってみるのも一つの手です。需要はあるはずなのにそれを記事にする人が少ないジャンルなどは狙い目ですよ。

自分の趣味でも何でも良いのでそれに関してとことん追求したブログなどを運営していたら仕事の依頼を頂くなんて事もあります。

ただ与えられた仕事をしているだけではライターとして出世する事は出来ないので自分からどんどん行動する癖をつけましょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation