ライターにとって休憩の意義とは?

フリーライターは働く時間を自分で決めることができます。

逆に言えば、24時間365日働くことも可能です。

ライターの多くが昼夜を問わずに活動しており、食事もかんたんに済ませてしまうことがあります。

筆者も食事を取りながら仕事をしたりするので、「昼食」「夕食」の時間というものがないことがあります。

しかし、食事の時間がない日々が続くと、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまいます。

たまには外出して1時間程度ゆっくり食事をして、散歩してみるとよいでしょう。

ただでさえ、ライターは時間や納期に追われて、ゆっくりした時間を持てないものです。

睡眠時間も2時間、3時間と少ない人が多い職種です。

煮詰まってしまい、過度のストレスを抱えてしまう前に、リフレッシュする時間を持つことをオススメします。

湯船にじっくり浸かってみたり、日に1時間だけでも休憩する時間を持つことによって、アイディアや新しい視点が見つかることもあります。

時間に忙殺されそうな時ほど、ひと休みするようにしてください。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation