ライターにとって締め切りは命

ライターにとって一番守らなければならない大事なものは締め切り日です。記事の内容よりも、原稿の丁寧さよりもまずこの締切日を守らなければなりません。

誤字脱字、手直しのことなどを考えても前日、前々日には原稿を書き上げなければなりません。取材などが絡むとこの締め切りというものが中々ネックになってきます。

例えば、取材の約束が取れたのが締め切りの3日前、なんて話もあるのですが、取材相手に無理を言う事も出来ないので、そういった場合はライターが無理をしなければなりません。

ですが、取材までの日に何もしないという訳にもいかないのでその間に仕事をする訳ですが、ライターが締め切りに追われるのにはこういった背景があるという事を認識しておかなければなりません。

毎日均等に仕事を振り分けられるならば問題ないのですが、予定の兼ね合いで仕事のスケジュールを立てられない事が一番もどかしい部分です。

締め切り日というものはどうにもならないので、『無理』と弱音を上げるわけにはいきません。どんな状況もライターが頑張って切り抜けなければならないのです。これが、ライターは大変と言われる所以でしょう。

フリーランスでライターをされるなら暇な日などに仕事の募集などをしますが、中々スケジュールにマッチするような仕事は簡単に見つかりません。

しかし、そういうのを気にしていては仕事をもらう事が出来ないので無理をしてでも仕事を引き受けることになります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation