ライターになるには折れない心が必要です

ライターの仕事って実は凄く大変なんです。編集プロダクションの方に話を聞いてみると2、3週間で辞めてしまう人が多く、半年続けば『こいつは根性があるな』というレベルだそうです。

ライター志望で就職されても、実際は雑用が多いので、ライティングなどの執筆作業だけがしたい人にとってはちょっと過酷なように思えるかもしれません。

しかし、キャリアを積まれたいと思っているのならそんな環境でもやっていかなければならないので折れない心を持って、忍耐強く続けていく必要があります。ここで続けられない人はライターには向いていないかもしれません。

他の道を目指されるのが良いでしょう。今はインターネットの普及でウェブライティングの仕事も沢山募集されています。そういったものを気軽にやっていくとか、それくらいが無難かもしれません。

編集プロダクションでライターとしやっていくだけでも相当大変ですがフリーランスとなるともっと大変です。続かない人が悪いという事ではなくこの業界、この仕事が忙しすぎるというだけなので忍耐面で続く、続かないは才能だと思います。

なぜこんなに忙しいのかと言いますと、雑誌などには必ず締切日があります。雑誌は毎週決まった日に発売があるので決まった日時までに原稿を提出する必要があります。

決まった人数でやりきれない量を会社が引き受ける場合が多いのでとてつもなく忙しいことになってしまいます。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation