ライターになる上で心得ておきたい3つのルール

ライター志望の方やライター初心者の方に知っておいてもらいたい。職場では教えてくれない3つのルールをお教えします。

この3つのルールを守っていればライターとして上手くやっていく事が出来ると思うので是非参考にしてみて下さい。まず第一に、時間を厳守する。

これはライターの世界でなくても常識ですが、この業界では時間にルーズな人に仕事をくれる会社はありません。ここで言う時間とは、期限、待ち合わせ時間、出社時間、全てに言える事です。信頼関係が一番重要志されるこの業界で時間を破る人は信用されません。

もし寄稿が期限通り出来ないという事があったら二度と仕事がもらえないという事を踏まえ、時間に厳しくなりましょう。次に、マメな連絡に取れることが大事です。

以来を下さった方からの注文や要望というのが日々変化する場合があり、臨機応変に対応出来るライターは重宝されます。ですが、マメに連絡が取れないとそういった要望を伝えることが出来ないので困ってしまいますね。

ですので、連絡は常に取れるようにしておきましょう。そして臨機応変に対応する事が出来るライターになりましょう。最後に、コミュニケーションを取る事です。

基本的に編集者の方はどこかでライターを募集するという事はあまりありません。基本的に信頼出来る知り合いや、知り合いの知り合いといった形で仕事を依頼することが多いです。

なので、普段からコミュニケーションを取る事と心掛けて顔を広く出来る人がライターとして出世している人なんですね。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation