ライターの仕事を選ぶ際は原稿料に注目しましょう。

ライターの仕事って報酬はどう頂くか勿論ご存知ですよね。

どこかから依頼されて記事を書く事になった場合、一枚いくら、何文字いくらといったお金を原稿料として頂く事になる形が多いのですが実はこの原稿料って編集者や依頼者によって金額がマチマチなのをご存知ですか。

そもそもライターに記事を依頼するのって雑誌の編集者だったり、サイトの運営者だったりガ多いんです。

雑誌の編集者は自分が受け持っているページ数分の記事を書かなければなりません。勿論自分で書ければ問題ないのですがそうも行かないのでライターにお願いすることになります。

雑誌レベルだとライターさんを雇う場合以外は基本的に原稿料になりますが、原稿料が安くなればその分編集者さんに入るお金も上がるのでどうしてもライターさんが貰える額にばらつきが生じてしまうんです。

多いところと少ないところを比較してみると物凄い差になっていることもあるのでなるべく仕事の選択肢はより多い方が良いでしょう。

ただ、そういった仕事を貰うのって中々簡単な事ではありません。ただ待っているだけでは仕事を貰うことは出来ないので募集を見かけたら積極的に応募していき、割の良い仕事にどんどんシフトチェンジしていくのが安定していくと思います。

雑誌など、ウェブなどでもライターさん募集といった内容の書き込みをちらほら見かけることが多いので何事にも積極的になり、まずは選択肢を広げる事が大事です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation