ライターは人間関係が凄くシビアです。

ライター志望の方のほとんどがフリーランスで仕事をする事を目標にしています。

好きな雑誌の編集者にでも慣れたのなら話は別ですが、純粋にライターとして活動していきたいという方はフリーランスで活動する方が自分にとって都合が良い事が多いので、その為にも会社員時代は人間関係を意識してコネを作ろうと努力をしなければなりません。

ただ言われた通りに仕事をこなしているだけではライターとして出世しません。事実、有名なライターさんなんかはそのほとんどがフリーランスで活躍されている方です。

フリーランスが絶対とは言いませんがライターを目指すならばフリーランスでやっていけるくらいになれるようにしましょう。

では、なぜ人間関係がこうもシビアになってしまうのか?実は編集プロダクションなどは仕事内容がもの凄くハードで、ライターとして人が入ってきてもすぐに辞めてしまう事が多いです。

ライター募集を頻繁にされているのはその為なんですね。なので、ライターはどうせ長く続かないだろう。

という目で見られてしまいます。また、コネが必要な仕事という事もその業界の人なら皆さんご存知なので、コネ目的で近づかれている、と思われてしまうんです。そう思われてしまうと中々良好な関係を築くことが出来ないんですね。

まずは仕事に熱心に取り組み、周りに認められてから人間関係を考えていく必要があります。慣れてしまえばどうという事はないですが、最初の方は人間関係に苦労するでしょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation