ライターをしていてきつい事

ライターというのはただ文章や記事を書くだけの仕事ではありません。綿密な打ち合わせをしたり、仕事の条件や要求をしっかり把握したりと人間関係がとてもシビアな業界です。

そういったものが苦手な人にとってはきびしいかもしれません。また、親鸞関係がとても大事な業界であることも有名です。

一度でも信頼を裏切るような事をしてしまったら今後は仕事が貰えないものだと思っていた方が良いでしょう。約束事は絶対に守らなければなりません。

こういうキーワードを入れた記事にして欲しいという注文を受けていたのにも関わらずそのキーワードを入れ忘れてしまったり、など細かいところもチェックする必要があります。

取材で待ち合わせがある時なんかは絶対に遅刻してはなりません。時間を持って10分前には出向かう気持ちで伺いましょう。

時には相手の方が遅刻をしたりする事もよくあります。しかし、怒ってはなりません。ライターというのは基本的に仕事を頂く側なのでどうしても募集している此方の方が立場が低いので今後の為にも強く言えない部分がもどかしくなります。

もっと理不尽な事も沢山あります。ライターというのはそういうがやり切れなくなる事もありますが割り切りましょう。そしてライターにとって最も大変な事は締め切りに追われる日々です。

原稿が出来上がっていない状態では遊びに行く事なんて絶対に出来ませんし、お通夜などでも理由はまかり通りません。締め切りに迫られる日々が一番つらいです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation