ライターをするならアンテナを立てましょう。

ライターにとって記事の内容は命ともいえます。人にものを伝える仕事なので自分の引き出しは多ければ多い程に良いです。

ですが、そういった感性を磨くのは簡単な事ではありません。身につけようと思って身に付くものではないので生活の中でも常にアンテナを張りましょう。

電車の募集広告なんかにはヒントが凝縮されています。限られた条件(文字数など)の中で人を引き付ける文章が書いてあるので、そういう事を意識しながら見るととても勉強になります。

また、忙しい人で休みなく働いている方もいらっしゃいますが、フリーランスは体が資本ですから最低でも週に1回は休みの日を設けましょう。普段からの仕事から開放されて外に出て積極的に遊ぶべきです。ただ遊ぶのではなく今まで訪れた事がないところに行ってみたりして自分に刺激を与えましょう。

だいたい、休んで居ても仕事の事ばかり考えてしまうのですが、遠い目線がから今自分がしている仕事の事を考える事が出来るのでとても大切な時間となります。ただ闇雲に記事を書いているだけでは駄目なんです。

こうしたことをしっかりと実行して視野が広がり、引き台の数が増えてくると自然と書いている記事の内容も良いものに変わっていきます。

自分という殻に閉じこもると何回書いても同じ内容の記事にしかなりません。だからこそ、ライターはアンテナを立てている人が多いんです。もっと色々なものに目を向けて感受性を磨きましょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation