ライターをする上での仕事の計画の立て方

ライターにとって、一番最優先で守らなければならないので締切日です。ですので、仕事の計画は事前にしっかりと立てていく必要がありますね。

例えば、10日で100件記事を書く仕事Aと、14日で200件記事を書く仕事Bがあり、同時に引き受けたとします。

この場 合ってどんな感じで仕事を進行しますか?自分で募集に応募した分けですしどちらも遅れることは許されません。

1、Aの仕事、Bの仕事と順番にやっていく。

2、両方の仕事を同時に進行する。

どちらが良いでしょうか。仕事の進行方法は人それぞれですが後者の方がバランスが取れていてとても良いです。

Aの仕事は単純に1日10件。Bの仕事は1日15件ずつ進めなければなりませんので1日25件ずつ書いていけば良いと思います。

ただ、これだと期限がギリギリになってしまいますので、Aの仕事を1日13件、Bの方はそのまま15件くらいで始めた方が色々と都合が良いでしょう。

まず、日数を余して仕事を終わらせることが出来ればチェックする時間に費やす事も出来ますし、もしかしたら他の条件に当て嵌まっていないなんて事もあります。

その場合は全部の記事を手直しする必要があるので、万が一の為にも仕事の進行計画は前倒しにしておきましょう。

2日前辺りに出来れば上出来だと思います。早めに出来た場合は早めに提出して、次の仕事を早めに貰えたらその文無駄な時間を過ごす必要もないので、前倒しで仕事は提出しましょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation