ライター志望なら出版社よりも編集プロダクションに

ライターに成りたいけど、どういった会社に入ればライターとしての仕事をする事が出来るのか分からない方は多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは出版社と編集プロダクションの違いについてご紹介させて頂きます。まず、出版社というのはその名の通り本屋雑誌を発売するところです。

こんな本を出そう。とか、あの有名人に本を出してもらおう。などの企画を考えたたりする会社です。企画や仕事の依頼、営業などが主な仕事になります。

出来上がった企画を編集プロダクションにお願いして商品にしてもらいます。つまり、編集プロダクションとは出版社から受けた依頼を形にするところでしょう。

もし、貴方がライターを希望されているのなら編集プロダクションに入ればライターとして仕事をする事が出来ます。

ゆくゆくはフリーライターになりたいと思っている方もまずは編集プロダクションに入ってコネなどを作っていかなければなりません。

ライターの仕事はとてもハードなので続かない人が多いですが、その中で努力を惜しまない人がフリーライターとしてやっていけるコネを手にする事が出来ます。

辛いが故、ライターの入れ替わりがとても激しいのでしっかりと編集プロダクションをチェックしていれば良くライターさんを募集しているので、成りたい方はそちらの方から応募してみると良いでしょう。

情報収集が出来る事もライターにとって必要な事なのでマメにチェックする事が大事です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation