ライター業界で出世するのはとても大変

これからライターを目指す方々のためにライター業界が今、どれくらい大変かご紹介させて頂きます。

そもそもライターという職業は物凄く範囲が広くて漠然としているのでライターはこんなお仕事です。

雑誌や週刊誌、新聞の記事を書く人、商品のキャッチフレーズを書いたりするコピーライター。自宅でブログをいくつも運営している所謂ブロガーと呼ばれる方々もライターの部類に入ります。

文章を書いてお金を稼いでいる人全般に言われていますが、この中ですと記事を書いている人の事をライターと思っている人は多いと思います。

こういった方々は編集プロダクションに所属している方が多いです。

勿論フリーランスで仕事を請負っている方も居ますが基本的には編集プロダクションでライターを募集して専属のライターとして仕事をしてる場合が多いのですが、これがとても大変なんです。

近年では雑誌の売上低下におり、原稿料がどんどん下がってきているのでライターの収入も減っている状況です。

しかし、フリーランスのライターとして活躍したいと考えているのならば社会人として数年はどこか会社に入っておきたいです。

大変ではありますが、フリーランスとして活動したいのならば業界でそれなりのコネなどを作らなければやっていくことが出来ません。

最低でも2年は身をおき業界の事も学びましょう。フリーランスに転向しても忙しさは基本的に代わりませんが、上を目指すのならばフリーランスの方が他の活動もしやすいです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation