原稿料と印税について

 ライターに支払われる報酬は、大きく分けて「印税」と「原稿料の2種類あります「ここではこの2つの違いについて、簡単にご説明します

 まず、印税とは著作物の利用実績において著作者に対価を支払うというもので、売上によって金額が変わります一般的には8~10%が相場となっており、10%を超えることはまずないとのことでしたこちらは厳密に言うと書籍の売上ではなく、「書籍の単価×発行部数」に対して印税金額が決まるという点に注意が必要です。

実際に本が売れなかったとしても、発行部数をもとにして、それに応じた印税が支払われます当然、増刷されればその分の印税がさらに追加で支払われることになります場合によっては、売れそうな部数を最低保証する形での印税契約もあるようです。

 これに対し、原稿料とは単純に書いた原稿の量に対応して支払われるものですつまり、書けば書くほどたくさん報酬をえることができるということです。文字単位で単価が設定されるものもあればページ単位のものもあり、仕事によって異なります雑誌類は400文字換算のものが多いですし、ウェブライターであれば1文字いくら、という場合もあれば400文字以上でいくら、という場合もあります報酬単価にはかなりの幅があり、ライター本人の経験や文章力が大きく影響してくるといいますフリーライターではれば、報酬を「原稿料」として受け取るのがほとんどだといえるでしょう


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation