基本的な業務に終わらない営業力のあるフリーライターになるには

フリーライターの基本的な業務は「書籍やインターネット、あるいはインタビューや取材で情報を調べる」「文章を考える」「パソコンに打つ」「期日までに提出する」この4つだけです。

こういう風に作業と考えると、フリーライターとしての業務はさほど難しくはありません。

しかし、なぜ記事を書く必要があるのか?そのためには仕事が存在している必要があります。

つまり、基本的な実務に加えて、営業や売り込みが入ります。

営業というのは、例えば各出版社に記事や自分自身の売り込みをすることです

つまり、フリーライターは営業力を磨く必要があります。出版社への売り込みなどはもちろん、意外な業界でライターを求められています。

例えば、企業ブログのゴースト、アフィリエイターの記事作成代行、企業広報の執筆など他分野に仕事は存在しています。営業力のないライターは淘汰されてしまいます。

重要なことは需要があることを見極める力。あなたにとって価値があるものだけがすべてではありません。

営業とは、価値がないと思われるものに価値を与えていく仕事です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation