文章力があるだけではライターはやっていけない。

文系の良い大学を出て、文章を書く力がいくら身に付いていてもライターとして大成するかと言えばそうではありません。

近年ではしっかりと文法が書けなければNG!といった方が少なく、また多種多様な言葉の使い方が登場しているという事もあり、文章がしっかり書けなければならない。

といった風潮はなくなりつつあります。その代り、ライター自身の魅力の有無がとても大事になってきているのが現状です。例えば、変わった言葉遣いでちょっと変なのに凄く読みやすい文章を書く人気のライターさんもいらっしゃいます。

フリーランスでライターをやっていくにはまずは自分の知名度がなければ仕事をもらう事が出来ないのでただ文章が書けるだけではライターとして食べていく事はできません。自分の特色を出し、そして読者のハートを掴む事で様々な仕事の声を掛けてもらうことが出来るようになります。

では、フリーランスでライターをやってく場合はどのようにしていけば良いのでしょうか?まず、ライターとしての経験もなく、また自身の知名度も無い方は正直言って初めからライターでやっていくのは難しいです。

ですがどこかライターを募集している企業に入るなどそういった事も考えていないのならブログなどを書いて知名度を上げていくしかありません。

読者が読みたくなるような文書の研究は勿論のこと、一つのジャンルに拘らず様々なジャンルに挑戦して知識を広げていく事が大事です。まずは小さいことから初めてみましょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation