最近流行りのウェブライターとは

最近、ウェブライターという言葉を良く耳にしませんか。今急増しているウェブライターとはどういうもの なのでしょうか。

ウェブライターとは、所謂、在宅でライターをしている方の事を指しています。

本来ライターというものは出版社などが本や雑誌を出版する際、企画したものを記事にする仕事なのですが、近年では、会社のキャッチコピーを書いたり、商品の説明文を書いたりと、ライターの仕事は多種多様になってきています。

ウェブライターは基本的に10記事ワンセットとかそういう形で無理のない量を受注することが出来るのでサイドビジネスなど仕事の片手間にされる方が多いのが現状です。

しかし、ネット上ではプロのライターなのか素人なのかの判断がつきませんので、もの凄く少ない報酬でライターをしている事が多いですね。

ライターとしてのプロ意識がない人がなんとなく、募集を見て仕事を 引き受けて、突然やる気をなくして連絡が取れなくなるといった事も多発しているようなので、そういう部分に関してはまだ怖いですよね。

その逆も然り、記事だけを受け取って報酬を支払わないといった会社もあるそうなのでしっかりと仕事を選んでいきましょう。

気軽に仕事に取り組むことが出来るウェブライターですが、しっかりとライターとしての自覚を持ち、期限や条件を守って仕事に取り組みましょう。

お金を貰う以上はプロであると自覚する事が大事です。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation