現在のライター業界の実体とは。

これからライターを目指す人はライター業界の実態を知っておきましょう。現在ライターの数が凄く多いという事を知っておきましょう。

元々ライター志望で出版社や編集プロダクションに就職する方が居る一方、再度ビジネスや自宅ワークで仕事をされる方も物凄く多いです。インターネットの普及に伴ってライターさんに仕事の依頼をする人が沢山居るので需要と供給が物凄い数になっています。

しかし、雑誌や本の記事、取材なども含めたライター業はインターネットの募集では見つかりません。こういった形のライター業務をされたい方は素直に出版社などに就職する必要があります。これらの仕事はどうしてもコネがないと仕事を紹介して貰うことが出来ないからです。

著名人などであれば話は別ですが、良く知らない人にこういった大事な仕事を回す会社はありません。インターネットなどで見かけるライティング業務は基本的に定期物はなく、また顔合わせなどもないのでそこから出世するという事はまずないでしょう。

なので、仕事の片手間で始めるのは良いですが、ライターとして将来食べていきたいと考えているのならこういった仕事ではなく、しっかりとしたところに身を置いて数年は働いてみるべきです。

出版業界を知り、人気ライターのノウハウを少しでも吸収し、コネを作りましょう。有名ライターはテレビなどに登場する事もしばしばあります。そういったライターはライティングが得意なのではなく、コネ作りが上手な人が多いです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation