締め切り厳守ライターの仕事事情

ライターにとって一番の天敵は締め切りは締め切りです。雑誌などは発売日を延期する事が出来ません。

もしライターが締め切りを守らないと、雑誌に穴が空いてしまいますのでどんな理由があっても原稿は締め切りまでに出す必要があります。

親の死に目も見られないと言われている程、この業界は締め切りが何よりも大事です。風邪やインフルエンザになっても言い訳にならないので死ぬ思いで仕事に取り掛かります。

体調管理もしっかりとしていかなければなりません。それ故にライターは続かない人が殆どです。一番立場が弱い仕事であることは間違いないので精神的にも肉体的にもタフである必要がありますね。

フリーライターを目指すなら先に編集者になるのも一つの手です編集者はある程度の事を自分で動かす事が出来るのでライター程の不遇さを感じることはありません。

基本的に編集者はライティングも含めて全ての事を出来なければならない上に毎日が戦場だと思われるくらい無茶な仕事をしている人も多いです。

最近はインターネットで低原稿料でウェブライターの人に記事を書いて貰っているところも多いですが、編集プロデューサーの中にもそういったところでライターを募集しているところも多いようですね。

ライターは続かない人が多いからこそ、続く人は認められる傾向があります。

ライターの扱いは年々不遇になってきている傾向にありますが、だからこそ自分で何でも出来るようになる必要があります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation