良いライターとはどんなライターなのか

ライター業界にも良いライターと悪いライターが居るのをご存知でしょうか。今回はそんなライターさん達の話をさせて頂きます。

当たり前の事ですが、最低限の常識とマナーがあるライターさんは嫌われる事はありません。ライターの業界は色々と人間関係に関して面倒な部分があるのも事実なので、逆に、深い付き合いをしないという方も居ます。

もし、何かの専属ライターさんなどでしたら問題ありませんが、フリーランスなどで後々活動されたいと考えているのでしたら積極的に人とコミュニケーションを取る必要があります。

依頼者にとって一番怖い事は『連絡もなく締め切りを破られる』事なので、出来れば気軽に連絡を取れる人が望ましいんですね。最近、連絡なく仕事を放棄する人も稀に居ますが、出版社などにとっては本当に迷惑なことなので、気軽に連絡が取れる人、そういった人が好かれる傾向にあります。

また、次の仕事の以来もし易いのでわざわざ仕事を募集する必要がなくなるかもしれません。寄稿に関しては締切日の前日辺りには送ると更に好感度があがります。

ここをもっとこうして欲しいなどの要望を受けることが出来るので、早めに完成させておきましょう。ギリギリでの寄稿となると向こうにとっても手直しの時間が作れないなどあるので、そういった意味でも気の使えるライターになれるよう心掛ける事が大事です。

なんといってもコネや信頼関係が大事な業界なので気をつけて損なことはありません。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation