色々な事に興味を持つ事がライターになる上で大事

ライターというのはただ単に文章が書ければ良いという事ではありません。

色々な事に精通していなければ良い記事を書く事は出来ないのです。記事の内容は誰かに与えられるものではないので自分で考えなければなりません。

一つの記事に長い時間を費やしていると引き受けられる仕事の量も少なくなってしまいます。知識の引き出しを増やし仕事のスピードを上げる意味でも色々な事に興味を持ちましょう。

もし、仕事を募集される際はジャンルを固定せずなるべく食わず嫌いで募集することが大事ですね。『この分野はあまり良く知らない』ではなく、『良く分からないけど知っていきたいと挑戦してみる』という考えを持ちましょう。

もし、何か得意な分野があったとしても、そればかりになってはなりません。

あまり知らない人が多いようですが、自分が好きなもの以外の事に関しても知識を増やしていくと、もともと自分が得意だった分野においても視野が広がりより深く理解することが出来ます。

ライターにゴールはありません。ゴールがないからこそ長い、長い道のりなのです。

自分が成りたいと思うライター像が誰にでもありますが、そんな理想な自分に成れた時にはもっと上を目指しています。

知識と経験が広がると、今まで全く見えなかったものが見えてくるものなので常に沢山の物事に興味を持って仕事に取り組む事が大事なんですね。

妥協せず勉強し続ける事は大変な事ですがいつかそれが楽しくてしょうがなく思えてくるはずです。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation