見出しの付け方に見るフリーライターの視点の違いとは?

フリーライターが書いた記事を見ると、初心者では考えつかないような、しかし、分かりやすい記事の見出しが多いです。

そのアイデアはどこから出て来るのでしょうか?

仕事を始めたばかりだと、自分の得意分野ではなく、与えられた見出しに沿って記事を書く事が多いと思います。

ベテランのフリーライターならば、長年の経験もあり、次々とアイデアが浮かぶでしょう。しかし、初心者だと何かとなれない部分もあります。

私の経験談ですが、記事の内容が思い浮かばないのはもちろん、文字数の少ない記事の見出しすら思い浮かびません。

いえ、記事を作成するときにこそ、ライターのセンスが現れると言えるでしょう。

見出しのコツとは「記事を通して何を言いたいか考えること」これに尽きます。いきなり、無理に数百文字の記事を書こうとしないことです。

まずは考えをまとめて、何を伝えるか考える、これがクリエイティブなフリーライターの仕事であると言えます。

このように「記事を書くこと」から「読み手に伝えること」を意識して記事を書くと、効果的で、クライアントにとって価値のある記事が書けるようになります。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation