近年急増中のウェブライターとは

近年ライター業界が嘆いている一番の理由は『原稿料の低下』です。インターネットの普及により紙媒体の雑誌、本の売上が低下した事により出版社業界全体が頭を抱えている時代です。

一番立場の弱いライターさんは一番被害にあっているのが現状です。しかし、その反面最近ウェブライターの人が急増しています。

インターネットの普及により、ベンチャー企業の数も激増しました。そういった会社も自社プロモーションやサイト、商品PRを行う際にライターさんに仕事を依頼したい時があります。

ただ、どこの企業もライターさんとのコネがないので、単発でウェブライターを募集している事が多いです。

インターネットで募集をかけているので勿論「経験はないけれどライターとしての仕事がしてみたい」という方も応募する場合が多く、募集している方もそれを容認している形なのでウェブライティングの原稿料は通常のものよりも遥かに低く設定されてしまっています。

実際のところウェブライティングをされている方は殆どが仕事や学校の片手間、副業でされている事が多いです。

誰にでもライターになるチャンスが広がった反面、これまでライターとして活動をされていた方にとっては大きな痛手となりそうです。

ライター志望ではなく仕事のついでにウェブライティングをされるのは良いでしょうが、ライター志望の方はウェブライティングしていてもあまり良い経験にはならないので最初はしっかりと出版社などに就職しましょう。


あなたもフリーライターデビューしてみませんか?


フリーライター.bizに会員登録すると、当サイト限定のライター募集案件が閲覧できます。


freewriter


Comments are closed.

Post Navigation